colum

楽天送料無料で独禁法違反容疑!利益を最大化するための対策とは?

通販サイト大手の『楽天市場』が、独占禁止法違反の容疑で公正取引委員会の立ち入り検査が入り話題になっています。

原因はAmazonに対抗するために送料無料にするという強硬手段のため。

当初は楽天側が送料を負担するのかな?なんて楽観的に見てたのですが、そんなわけないですよね。

送料は出店者が負担するとのこと。

 

これはちょっと、弱小ショップからするとキツイですし、売れている大手でも利益が減るので大変な問題です。

 

以前、楽天にショップを出していた経験があるのですが、送料負担をさせられると弱小ショップは赤字になります、マジで。

私の場合は薄利多売すぎるのですぐに楽天をやめてしまいましたが、多くの企業ではやめるに辞めれない状態なのでは?と思います。

楽天プラットフォームから抜けだすには?

ハッキリ言って、楽天に限らずプラットフォームに依存している限り、収入はいつ無くなってもおかしくありません。

どれだけ商品が売れていても、来月からプラットフォームを閉鎖しますと言われたら、売上はゼロになります。

こんな怖いことって本当にないですよね?

 

現状、生産者がバカを見ているのが今の時代です。

 

生産者がより良い商品・サービスを作ろうとも、集客が出来ないからプラットフォームに依存し、結果的に利益が減るという悪循環に陥ります。

理由は生産者が集客を学んでいないことが原因です。

 

ですので、生産者も集客を学んだほうが良いのですが、なかなかすぐに修得できないのも実情です。

本当はアフィリエイトとかやって集客・販売を覚えると良いんですけどね…。

一応、やるべき対策を2つ書いていきます。

自社商品の販売ページを充実させる

まずは、楽天などのプラットフォームに依存しないためにも、自社のホームページやブログなどを充実させることが大切です。

まぁ、おそらくやってはいると思いますが、商品購入までの経路をしっかりと作ったWEB制作が必要。

 

ベストは楽天のページで購入するよりも付加価値を与えること。 

ちなみに割引は利益を圧迫するので愚策ですし、確か規約で禁止していたはず。

 

『楽天市場』で商品をチェックする層は、すでに類似商品を購入しようとしている層なので、それ以外の見込み客を取り込むHP・ブログにする必要があります。

この流れをしっかり作りこんでいるサイトはなかなかないんですよね…。

楽天市場は広告と割り切り顧客情報をつかむ

商売で一番儲けを出すことが出来るのは、一人の顧客に対して高額商品を販売することではなく、何度も何度も商品を再販売・リピートしてもらうことです。

そのためには、毎回のように顧客に楽天市場に買いに来てもらうのではなく(手数料取られるし)、一回の購入で顧客リストを集めることが重要です。

これはDRM(ダイレクトレスポンスマーケテイング)の手法になりますが、ハッキリ言ってビジネス手法の中でも最強です。

 

顧客リストさえあれば、何度も何度も商品を販売することが出来ますし、アップセルやクロスセルといった関連商品を販売することも可能になります。

 

また、楽天市場での初回購入に関しては広告と割り切ることが出来れば、多少利益が減ったとしても(赤字でも…)、その後の再販売で収益を最大化することが出来ます。

まとめ

生産者はビジネス戦略をしっかりと見極めることが大切です。

大手のプラットフォームに依存するだけでは、いつ赤字になるかもわからないわけです。

せっかく良い商品・サービスを打ち出しているのであれば、利益を最大化する仕組みを構築していきましょう!

 

-colum

Copyright© WEBビジネスのトリセツ , 2022 All Rights Reserved.