コンテンツスカウターZ(Catch the Web Asia)を使ってみたメリットとデメリットや特典など

S評価【最高評価】

どーも、斉藤です。

ブログアフィリエイトで現在というかこれから最も注力していかなければならないのが、コンテンツSEOです。

今までは効果のあったブラックハットSEOとかは、Googleのアルゴリズムが常に改善されているところを考えても、もうやらない方が良いです。

それならば、ブログ本来のコンテンツで勝負するSEOが重要になってくるのですが、「じゃあ、何をすればいいの?」ってなったときに最も大切な考え方がキーワードの扱い方。

そして、ライバルはどういうキーワードで上位表示しているのか?この部分をしっかりリサーチをして自分のブログに取り込んでいくことが大切です。

とはいえ、なかなかライバルチェックをすることは初心者の方には難しかったりします。

そこで、今回はライバルチェックをするためのツール、コンテンツスカウターZ(Catch the Web Asia)を使ってみた感想やちょっと気になったところをまとめていきます。

実際のコンテンツスカウターZを使っている動画

コンテンツスカウターZ公式ページはコチラ

URL:https://cwapromotion.net/csz/lp/

コンテンツスカウターZを使わずライバルチェックをする方法とは?

私のメール講座でも、質問が多いのがライバルチェックはどうすれば良いのか?というものです。

ツールなどを使わずにアナログでライバルチェックをする方法は、基本的には狙ったキーワードで検索をし、上位表示されているブログを上から順番にチェックしていくことが、アナログでもっとも効率の良い方法だとは思います。

その際に、Google Chromeを使用する場合は、右上のユーザーをゲストモードに変更するようにしましょう。

ライバルブログをチェックすることで、上位表示されている優良なブログの構成を見ることができますし、どのような形でユーザーを誘導しているのかがわかるので、非常に勉強になるといえます。

ただし、やっぱりアナログなので時間はスゴク取られます。

そのため、最近私は簡単なツールを使って検索ボリュームやキーワード等をチェックしていたのですが、今回コンテンツスカウターZを使ってみて、正直かなり衝撃を受けました。

アナログでライバルチェックしていた以上のキーワードの深堀ができており、被リンク数や共起語などもわかるようになっています。

このあたりの事に関して詳しくお話をしていきます。

コンテンツスカウターZを使うメリット

コンテンツスカウターZには、かなり多くの機能が付いており、そのほとんどをボタン1クリックで可能にしています。

まずは『キーワード解析機能』。キーワード枚に上位表示しているサイトを解析し、競合度の調査をするのはもちろん、ライバルが弱いお宝キーワードを見つけることができます。

アナログでも上位表示サイトをチェックすることはもちろんできますが、ライバルが弱いお宝キーワードはわかりません。

お宝キーワードは私の場合は別の方法で探していますが、1クリックで出来てしまうのはスゴイですね。

 

次に『見出し解析機能』。コンテンツSEOで上位表示しているライバルコンテンツを調べ上げ、上位表示している見出し、Hタグを解析してくれます。

個人的にはこの見出し解析機能はかなりお勧めです。上位表示しているライバルの文章校正をマネることで、自分のブログライティングのスキルは確実に上がるはず。

 

『共起語解析機能』もお勧めです。この『共起語』はちょっとわかりづらかったりするので、簡単に説明をします。

『共起語』とは主軸となるキーワードに対して、関連性が強く一緒に用いられる頻度が高い単語になります。

例えば『動画』という主軸になるキーワードの場合、『再生』、『ニュース』、『YouTube』などキーワードと一緒に使われる言葉が共起語になります。

『類義語』や『同意語』などの意味を持つ『関連語』と同じ扱いをされることもありますが、大きく異なるのは『共起語』には同じ意味の言葉を含まないというところです。

なかなかちょっとややこしい考え方なのですが、そうしたライバルの記事にある『共起語』を1クリックで調べてくれ、記事の中に入れるべき単語の一覧を見ることができます。

 

『タグ解析機能』に関しては、個人的にはそこまで必要はないかなと思いますが、ライバルサイトがアフィリエイトサイトなのか、アドセンス用のサイトなのかを見分けることができるので、狙ったキーワードでの参入の指標になります。

 

これらのコンテンツに関しては公式ページにて動画解説していますので、チェックして見てもらえればと思います。

特に『見出し解析機能』の動画を見てもらえたらわかりやすいのかなと思います。公式ページの真ん中あたりに動画説明があります。

コンテンツスカウターZの使用動画を見る

コンテンツスカウターZを使うデメリット

個人的にはコンテンツスカウターZを使うことでのデメリットというのは、そこまでないのかな?という印象です。

あまりべた褒めをしてしまうと、なんだかCatch the Web Asiaさんの回し者のように思われてしまうので嫌なのですが、元々、Catch the Web Asiaの代表横山直宏さんが提供しているコンテンツで悪いものは中々ないので、そうした信頼の蓄積がコンテンツスカウターZにも出ているのかなと思います。

まぁ、強いてあげるとすれば、解析してくれるコンテンツが多い分、多少はリサーチをする時間がかかるかなといったところです。

現在、私が使用しているツールと比べても、ちょっと多少は長いかなとは思いますが、それでも『見出し解析機能』や『共起語解析帰納』などのライバルサイトを丸パクリできるツールがあると考えれば、全然問題の無い範囲かと言えます。

ただし、ツールに頼りすぎると文章力が付かなくなりそうな気もするので、初心者の方はライバルサイトを解析した後、実際のブログをチェックして文章をマネていくことを最初はお勧めします。

やっぱり、マネル=マナブなので。

 

機能面でのデメリットはそこまで思いつかなかったのですが、コンテンツスカウターZを使う一番大きなデメリットは価格面なのかなとは思います。

コンテンツスカウターZは買取がたのツールではなく、月額使用料制のツールなので、毎月の支払が発生します。

ただし、それは裏を返せば少額の費用で常に最新のツールを使用できるということだったりします。

そもそも、ツールの性能が落ちてしまった場合や使えなくなってしまった場合は、みんな解約してしまうので、運営側は常に最高の状態でツールを維持していく必要があります。

また、通常の買取型のツールの場合、何万とするものでも、月額制のツールの場合は試しに使用してみて気に入らなければ解約をすることができるので、初期投資が少なくすむといったメリットもあります。

通常、こうした月額制のサービスの場合、登録料とかライセンス料がとかが発生するのですが、今回のコンテンツスカウターZには今のところ初期費用はかからないです。

ひょっとしたら期間限定の可能性もあるので、念のため公式ページでご確認ください。

コンテンツスカウターZの価格を確認する

 

まぁ、先にもお話しましたが、気に入らなければ、使えないなと思えば解約すれば良いだけなので、そこまで難しく考えずに使用してみればよいのかなと思います。

 

ここまで書いてみて、ちょっと気になったこととしては、コンテンツスカウターZの機能が多すぎるということもあるかもしれません。

もっと単純にキーワードだけのライバルチェックをしたいという方にとっては、多機能すぎることもあるかもです。

また、多機能がゆえに、使い方という点ではなかなか使いこなせない人も出てくるかもしれないので、もし心配な方は私から無料特典として使い方動画マニュアルをお渡ししています。

せっかく、優れたツールを手に入れたにもかかわらず、使いこなせないのであれば本末転倒になってしまうので。

ちなみに動画マニュアルは基礎編と応用編に別れています。

基礎編

  • 関連キーワード解析 複合関連検索ワード調査
  • コンテンツ解析 文字数などからコンテンツの競合度調査法
  • サイト構成解析 上位表示サイトの構成分析
  • ポータル解析 ブログサービスやポータルサイトのドメインチェック
  • ライバル数解析 ライバルが少ないキーワード調査
  • 購買力解析 購買力が高いキーワード調査
  • SNS拡散解析 SNSで拡散している記事を調査
  • 外部SEO解析 
  • 見出し解析機能 コンテンツ構成を丸裸にする
  • 共起語解析
  • タグ解析 アフィリエイトサイト調査

応用編

  • キーワード解析の有効な使い方
  • 見出し解析機能の有効な使い方
  • 共起語解析機能の有効な使い方
  • タグ解析機能の有効な使い方

 

また、せっかくライバルサイトのキーワードや共起語、見出しなど根こそぎパクれたとしても、しっかりと活用できなければ意味がありませんよね。

そこで、さらに私からの限定無料特典として、資産型ブログの作り方講座もプレゼントします。

資産型アフィリエイトブログ構築法

■資産型サイトはこう作れ!飛躍的に収益を上げる〇〇思考法

アフィリエイトに限らずビジネスにおいて大切な思考になります。この思考を取り入れないことによって作成したサイトがゴミになってしまう可能性もあるほど重要な思考法となります。

物販アフィリエイトで大切な4つの視点

5年10年と自分の代わりに稼ぎ続けてもらうためには資産構築のための4つの視点が欠かせません。多くのアフィリエイターが稼げないまま撤退しているのは、そうした戦略的思考が欠けているからといえます。

■自分の思考をアウトプットする無料ツールとは?

この無料ツールと出会ってから、私の思考がより明確になり研ぎ澄まされました。もう使わないことは考えられないほど毎日使用しているツールとなります。こちらを使い方から動画でご紹介します。

■Googleに好かれライバルサイトを駆逐するライティング術

WEBマーケティングにおいてSEOを左右するGoogleの存在は非常に大きいです。そうした環境の中、サイト運営で大切なことはGoogleに好かれるサイトを作るということ。ライバルサイトから抜きんでるためのライティング術についてお話します。

■中長期で稼ぎ続けるためのマーケティング理論

ほとんどの方はアフィリエイトをビジネスとしてとらえていません。だから稼げていないわけです。稼ぐためにはビジネスとしてとらえること。そしてビジネスで稼ぎ続けるために必要なのはマーケティングの知識になります。短期的な稼ぎではなく、中長期で稼ぎ続けるためのマーケティング理論について解説します。

■中長期で稼ぐための具体的なジャンル選定

マーケティング理論を学んだとしても、実際にどういうジャンルを狙っていけばよいのか、わからない方のために、具体的なジャンルについてお伝えします。

■稼げるジャンルを選んでも失敗する資産型サイト作成とは?

どれだけ稼げるジャンルを選んだとしても、資産型サイト作成で失敗する場合があります。それは〇〇の思考が欠落しているから。継続的に資産型サイトの作成をするための思考を公開します。

■売れる商品には大きな理由があった?

資産型サイトを構築する際には売れている商品の選定が必要不可欠です。しかし、ほとんどの方がそうした商品選定の視点を持っていません。あらゆるジャンルで応用できる商品発掘法について学んでください。

■お客様が喜んで商品を購入してしまうターゲット選定について

嫌でも売れてしまう商品選定ができたのちにすべきことは、その商品を誰に紹介をするか?ということです。抽象的ななターゲットの絞り方から具体的なターゲットの絞り方まで、わかりやすく動画解説をしました。

■資産型サイトでは〇〇〇〇を築け!

月収100万越えを目指すサイト構築で必要なことは、ユーザーとの〇〇〇〇になります。一過性で稼ぐのではなく、ゆるく長く稼ぎ続けるための柱になるので、必ず取り入れるようにしてください。

■成功をわける鍵!キーワード選定とプロジェクトロジックについて

サイトが稼げるか稼げないかの鍵を持っているのがキーワード選定になります。初心者がサイト設計で失敗しがちなキーワード選定について、誰でもどんなジャンルでも再現できるようなロジックとしてお伝えします。大切な資産サイトをこのロジックを使って育ててください。

■稼ぐための裏キーワードを根こそぎリサーチできる無料ツールとは?

ほとんどの実践者が意識していない稼ぐための裏キーワードがあります。その裏キーワードを根こそぎリサーチできる無料ツールをご紹介します。ライティング時にはそのキーワードを意識的に挿入するようにしましょう。

■商品が無い場合の具体的な設計図の作成例

本来であれば販売する商品は必要不可欠ですが、選定したジャンルによっては商品が無い場合もあります。そのような商品が無い場合のための設計図の作成法を具体的な例を挙げて動画解説しました。様々なジャンルで汎用性のある動画になっているかと思います。

 

コンテンツスカウターZとコチラの特典を使うことで、末永く稼ぎ続ける資産型ブログの構築が可能です。

以上の限定特典つきでコンテンツスカウターZを手に入れたい方は下に設置をしたボタンよりお進み下さい。

 

 

上のボタンから進んでもらい、決済画面で下記の表示がされていれば限定特典を受け取れます。

 

 

※青枠内の表記が無い場合は特典を受け取れないのでご注意ください。

まとめ

昔、買取型のTwitterツールを購入したことがあるのですが、運営側の規約変更により全く使えなくなってしまった、ゴミになってしまったツールとかもあります。

今回のコンテンツスカウターZの場合は、月額制のため、そうした使えなくなるといった残念な結果になることはあり得ないですし、イロイロとこうした解析ツールをみたなかではかなり上位ランクに入るツールの一つだといえます。

 

もちろん、ライバルチェックはアナログでもできますし、アナログでもした方が良いと思いますが、しっかりとデータとしてまとめ、数字として客観的に判断する指標は必須です。

もし、まだこうしたライバルサイトをチェックするツールを持っていないのであれば、一度試しに使用してみることをお勧めします。

使ってみて解約をしたとしても、私の限定特典は返さなくていいのでご安心ください。

 

とはいえ、そんなに悩むほどの金額でもないというか、たかだかビジネス本1冊程度の価格なので、そんな額を投資できないようであれば、今後アフィリエイトで大きく稼ぐことは難しいのでは?と思います。

やはり稼いだ額の何%かは再投資をしていくといった、経営者的なビジネスマインドがアフィリエイトで稼ぎ続ける、生き残る秘訣ですね。

この記事が参考になれば幸いです。

 

 

圧倒的に時間短縮できるツールは、一度使ってみるといいですよ。