Catch the Facebook広告(横山直広)を手に取ってわかったこと

Facebook

どーも、斉藤です。

19日間で6386人の見込み客を集め、3500万円を売り上げた方法を教えるCatch the Facebook広告というCatch the web Asiaの動画セミナーが販売されました。

Facebookをやられている方は、そこそこいらっしゃるかと思いますが、Facebook広告をやられている方はそんなにいないのではないでしょうか?

 

個人事業主の方や中小企業の方にとって、広告を打つと言うことは、なかなかできないと思います。

1本20万とか50万とか。雑誌や無料紙の広告とかは、もうはっきり言って効果はなかなか見込めません。

その点、Facebook広告を始めとしたWEB広告は少額から始めて、効果を試すことができるのが魅力です。

しかもFacebookはおそらく日本で一番個人情報を持っている媒体。(詳しくは後ほど話しますが)ピンポイントで広告を打つことができるのがスゴイです。

 

今回のCatch the Facebook広告は

  • FacebookはやっているけれどもFacebook広告をやったことがない。
  • WEB広告を打ちたいとは思っているけれど、どうすれば良いのかわからない。
  • これから起業を考えていて、広告を打とうとしている。
  • 個人事業主や中小企業ですでに販売する商品を持っている
  • ブロガーやYouTuberでオウンドメディアを広めたい

こんな方にお勧めです。

 

 

1回分の飲み代で手に入れることができるのは良いですね。

念のため、コチラもご確認ください。

➡Catch the Facebook広告の価格を確認する

 

あと、とりあえず、こちら1クリックお願いします。

ブログランキング

 

記事に行く前に、まずは、こちらの動画もご覧ください。

Facebook広告は打つ価値があるのか?

そもそも今回のCatch the Facebook広告を知った多くの方がFacebook広告?となったのではないかと思います。

やってみたけれども失敗したって方もいるだろうし、そもそも広告の価値についてわかっていない方も多いかと思います。

 

ビジネスをやる上で広告というモノはすごく大事なものだと言うことは、私が言うまでもないことなのですが、多くの方は広告のすごさをわかっていなかったりします。

商品販売の購入率がわかれば、かけれる広告費というものがわかり、利益の最大化を計ることができますし、動画やブログなどのオウンドメディアの初速をお金を使って早めることも広告はできます。

言ってしまえばレバレッジがきくやり方だと言うことです。

 

あなたが今のビジネスを大きくしようと思っていたり、これからビジネスを始めようと思われている方だったりするのであれば、広告、もっと言えばFacebook広告の利便性に上手く乗ってしまうことが、最短で稼ぐ方法ですね。

なぜなら、おそらくFacebookが最も日本で個人情報を持っている会社だから。

なぜ、Facebookが日本で一番個人情報を持っているのか?

余り知られてはいませんが、Facebookはスマホの消費電力が一番高いアプリと言われています。

それは、Facebookを閉じているときも、スマホの中で絶えずFacebookアプリは動いており、スマホの持ち主がどのアプリを使い、どのアプリを熱心に利用しているのか?

そうした情報を拾ってくるように出来ているからです。

そして、Facebookに登録をするときは、実名・住んでいるところ・メールアドレスなどの個人情報をしっかり登録しているわけです。

 

テレビをはじめ、多くの広告媒体を駆逐してしまった理由が、Facebookがこの個人情報を多く持ち、そして個人に向けてピンポイントで広告を打つことができると言うことからなんですよね。

Catch the Facebookはどんな内容なのか?

Catch the Facebook広告のメインの内容は2時間ほどのセミナー動画になっています。

Catch the web Asiaの代表の横山直広さんの講義から始まり、YahooリスティングやFacebook広告などの広告運営会社の株式会社L’amour代表の徳保毅さんの実践的な広告運用講義、そして、根本和彦さんの具体的事例のセミナー講義の3本立てとなっています。

その他にも特典がかなり付いてきます。

 

3本立てのセミナー講義に関しては、非常にわかりやすい構成となっており、すぐに実践に移せることができるますね。

Facebook広告について、良く知らない人にとってはかなり勉強になるかと思いますし、3講義目の根本和彦さんの具体的な事例、実際に今も運用している広告を見せてもらえるので、すでにFacebook広告の概要を知っている方にとっても役に立つかと思います。

 

 

 

個人的には具体的事例の話はなかなか良かったです。

実際に自分だったらどういう風にFacebook広告を打てばいいのかということが良くわかります。

というか、この広告見たことがある!!ってなりました(笑)

 

また、Facebookだからこその広告の打ち方があるとのことで、「あぁ、確かにその通りだな。」と納得。

通常のWEB広告のように同じようなやり方だとダメなんだなと。

こうした具体的な事例をしっかり共有してくれる点は、横山直宏さん率いるCatch the web Asiaのコンテンツの良いところですね。

Catch the Facebook広告は手に入れるだけの価値があるのか?

Catch the Facebook広告に関して言えば、すでに何かしらのコンテンツを持っている方であれば、この機会に手に入れておくべきだなと個人的に思いました。

これはFacebook広告を自分で打つとか打たないとかそういうことではなく、知識として知っておくべきだなと。

 

私自身セミナー動画を見て、「ヤバイ、これはすぐにFacebook広告を打つ準備をしなければ」となりましたし、実際にすぐに行動に移していきます。

と言うのも、こういった情報を得たらすぐに行動に移す方が、格段に成果が出やすいです。

先駆者利益を得ることができるんですね。

 

また、今回もCatch the web Asiaさんの計らいにより、90日間100%満足保証が付いています。

コンテンツを見てみて、自分には役に立たなかったなと思ったら、全額返金保証が付いています。

 

一応、大丈夫かとは思いますが、念のためご自身の眼でご確認ください。

➡Catch the Facebook広告の全額返金保証を確認する

 

コンテンツも具体的でかなり濃いですし、そもそも満足できなかったら90日間全額返金保証が付いているコンテンツなので、手に入れないと言う理由が見当たらないですね。

こういった情報商材系は、コンテンツの値段が何十万というものもかなりあるのですが、1回の飲み代程度の値段なので、かなり良心的な値段だなと言えます。

そして、手に取られた方はすぐに行動に移しましょうね。

私もすぐにスケジュールを調整してFacebook広告に着手していきます。

➡全額返金保証付きでCatch the Facebook広告を手に入れる

 

また、販売するコンテンツやオウンドメディアを持っていないと言う方は、下記より私のメール講座を受けてもらえればと思います。